CREATIVE SPACE HAYASHI

Hiroe Matsushita

松下裕恵

セーヌ黎明 River Seine / 2011

和紙、貼り切絵 paper collage


STATEMENT

私にとって作品とは

私は、家にあって人に寄り添う作品を創りたいと思い制作している。 寄り添うとはどういうことか。それは私の原風景に由来する。 これまでに生活の中で、部屋は、一種のインスタレーションであり、そこに位置する絵画(アート)は、その空間に合うものとして選ばれたものだ。 選ばれた理由は、季節感、雰囲気、年中行事など様々だが、他を圧倒して自己主張するものは選ばれない。 私の原風景にある絵(ほとんどが掛け軸だった)は、全てそうだった。 部屋の用途に合わせしばしば取り替えられ、また復活した。心騒ぐとき、夢中になるものがあるときは忘れられ、ただそこにあったが、気持ちが落ち着いたとき、ふと絵は私の目に留まり、心を惹きつけ、何かに思いをはせさせる。 思い出や、庭で見つけた虫の美しさ、花芽等々。いわば私のイマジネーションを拡大していってくれる空想媒体だった。 人に寄り添う作品とは、そういう存在のものである。 強い感動を受けたり、心を激しく揺さぶられたりする作品を見たいなら美術館や、ハレの場へ行けばいい。日常生活の中にはいらない。 学生時代、問題意識やこれでいいのかという気持ちを作品に込めるべきだと思う時期もあったが、創られた作品があまりにも浅薄で偽善に満ちていた。 牙やとげを出すには、あまりにも暖かく優しく守られて育った。 社会も、破壊から立ち直り、高度成長を疑わず、日進月歩で便利になっていった時代で、生まれてから大人になるまで安穏だった、極めて稀な平和ボケ世代ならではかとも思う。 胎の底からの怒りや悲しみを覚える事がなかった。 もちろん作品とは、強い感情の吐露だけでなく、優しさ、慈しみの強さも包含し、一流の作品はそういう力を持っている。 そういう意味で、ぬるま湯の世界にいる中で上っ面だけの自分の作品が一級品たりえないと自覚させられた。 虚勢をはった絵を無理に描くよりも、身の丈にあった絵を描けばいいんだと思えた。どうあがいても心の等身大のものしかできない。自分が人として成長すれば絵の世界も大きくなれるのだからと。

今、絵を見て、そこから「思い」が静かに広がり、いつしか心が凪いで来る。そういう静かな力を持つ絵を模索している。 作品の題材は風景が多いが、見たものを観光写真のように切り取っているのではなく、その場面から思いを馳せてほしい。 旅行をし、自分の慣れ親しんだ世界と異なるものに触れると、それをきっかけに様々な思いが私の内におこる。旅先の感動ではない。帰ってから何度も心に浮かぶシーンである。その中でも、心が素直に広がっていくものを作品として制作している。だから、作品について語るとき、思想よりもついその時の事象について説明してしまう。

こういうことって、あなたの心の扉をノックしますかと尋ねているようなものだ。

きれいだ、仕事が細かい、大変な作業だといった言葉は何の意味も無く私をすりぬける、作品の前で、自分の思い出や心の内を語ってくれるかどうか、それが私の作品に対する評価だと考える。

PROFILE

松下裕恵:貼り切絵、絵画

1960年生まれ。京都市立芸術大学美術学部日本画科卒業。主に典具帖紙という、カゲロウの羽に例えられる世界一薄い色和紙を、切る、貼り重ねる、ちぎるなどを繰り返して、色の混色、形の表現をしている。最近は、和紙の光、色ともに透過性の高さを利用した作品の制作もしている。

hiroe matsushita

Seal Carving and Paper Cutting Arts, Illustration,Design, Water color painting

Graduated from Kyoto City University of Arts, the Japanese Painting Couse

CV

2003 会社を退職。以後、貼切り絵、水彩画、挿絵作家、絵画講師として活動

1984 土木建設会社にてデザイナー兼現場担当として勤務

1984 京都市立芸術大学美術学部 日本画科卒業

SOLO EXHIBITION

2015 CREATIVE SPACE HAYASHI

2014 CREATIVE SPACE HAYASHI

2013 ワイ・アートギャラリー

2011 Art Beatus Gallery (香港)

2009 パールギャラリー(東京有楽町)

2009 ギャラリージクウ22

2006 JR大阪セルヴィスギャラリー(読売新聞、JR西日本主催)

2002-2010 マサゴ画廊

2015-14 CREATIV SPACE HAYASHI,Chigasaki

2013 Y art Gallery,Osaka

2011 Art Beatus Gallery,HongKong

2009 Gallery Pearl room,Tokyo

2006 Service Gallery, Osaka

ART FAIR

2014 Asia Hotel Fair Hong Kong

2013 Art Fair Taipei(台湾)

2012 Spoon Art Fair HK (香港)

2011,12 Asia Top Gallery Hotel

2011 新創美術展 特別展示 (京都市美術館)

2010,11 Asia Fair Hong Kong

2005-2009 ヨーロッパアートフェア(スイス)

2006 コンテンポラリーアートフェアinバスチーユ(フランス)

2005 コンテンポラリーアートフェアinバルボンヌ(フランス)

2014 Asia Hotel Fair Hong Kong

2013 Art Fair Taipei

2012 Spoon Art Fair HK,HongKong

2011-12 Asia Top Gallery Hotel Art Fair,HongKong

2010 Hong Kong International Art Fair

2005-09 “EUROP ART”Geneve

AWARDS

2010 兵庫県知事賞

2009 神戸知事賞

2007 京都知事賞

2010 Governor of Hyogo Award

2009 Mayor of Kobe Award

2007 Governor of Kyoto Award

Illustration

「毒キノコ今昔」(思文閣出版)/ 表紙絵、挿絵

「きのこの語源・方言事典」「目に効く温泉」/ 挿絵

Publication“History of Toadstool”/ Shibunkaku press


松下裕恵

浄化 Cleansing / 2011

和紙、貼り切絵 paper collage

松下裕恵

意志 Will / 2011

和紙、貼り切絵 paper collage